スライムびより(ナスビもね!)

IT(笑)やら日々の生活の小ネタ。時に風物を取り上げることも。

そして、年明けも雪との戦いは続いたのでした。

ナスライム(仮)です。

 昨日書いた記事はこちらです。2020年12月23日から24日にかけて、屋根の雪下ろしをするはめになった、ということですね。

slime-yu.hatenablog.com

 そこからわずか2週間足らず。シーズン2回目の屋根雪下ろしをするハメになりました。はあしんど。というわけで、2021年の幕開けは、庵に帰省してくる人たちもいなかったため、シンプルなおせちで迎えることになりました。いや、ナスライム的には、無理におせちとかでなくてもいいんですけどね。

f:id:slime_yu:20210514113500j:plain

シンプルぷるぷるなおせち。

まあしかし、雪が結構積もってまして。あまり放置するとロクなことにならないのは経験から感じておりますので。1月5日には、再度ナスビ王国のすみっこに出かけることとなったのでした。

f:id:slime_yu:20210514113741j:plain

緊張感皆無なナスの集団w

ま、まあ到着したらこんな感じでしたね。今回は業者さんもいないので、原則として一人で処分する必要があります。一部解体したとは言え、田舎なのででかいんですよ建物が。ボロいのはしょうがないんですけど。

f:id:slime_yu:20210514113842j:plain

よくしまった感じの雪。重そうだなぁ・・・

f:id:slime_yu:20210514114116j:plain

こちらは南側なので、実は雪の量少ないんです。

まあ、泣きながら雪下ろししてました。1月6日に、ご近所さんが手伝いに来てくれまして。作業はだいぶ楽になったんですけどね。

実はナスライム、心臓に問題を抱えてまして(毛が生えてるとかじゃないナスよ)こういう作業を行うときには休みながらでないともたないだけに、ありがたいです。農村共同体的なものが生き残ってるんですよね。

f:id:slime_yu:20210514114414j:plain

まあ、昔に比べて厳冬期でも晴れる日は増えた気がします

割とよく晴れていたんですが、西にある山にはあからさまにあやしい感じの雲がかかっていまして。これは、天候の悪化を意味します。降ってるときの作業は別の意味でツラいですから、天候的なことを考えると、作業日程の選定は正解だった、という感じですね。

この時点ではあと1回は下ろしに来なくちゃ、という感じではあったのですが。その後、1月中旬から暖冬傾向に転じまして。結局、雪下ろしの必要はなくなりました。

f:id:slime_yu:20210514114830j:plain

パルスオキシメーター、ネタにしようと思ったんですが時期を逸したかなという感想。

とまあ、冬はこんな感じでナスナスしてました。

明日くらいには春の記事を書けますかね。ナスライムでした。

屋根雪おろしのご報告(一体いつの話なんだか、はい、昨年末です)

ナスライム(仮)です。

 なんか妙に間が空いてしまいまして。沖縄どころか、九州南部で入梅しちゃうような季節になんなのですが。昨年から今年にかけての冬、屋根雪下ろしを2回も行う羽目になっちゃったんですよね(号泣)

f:id:slime_yu:20210513112323j:plain

2020年12月23日、まさか年明け前にこれとは。ラニーニャ、恐るべし・・・

ここ数年は、小正月あたりに1回おろす感じだったんですけどね。まさかの年明け前というかクリスマスも迎えてない時期に雪下ろしとは。先が思いやられますね。

 実はこのとき、生家のご近所さんのところに、業者さんが屋根雪下ろしに来たタイミングだったんですね。下屋根だけおろしてもらいました(あとから請求書は来ます)が、プロの仕事はすげえ、と感じました。

f:id:slime_yu:20210513112733j:plain

2人で1時間かかんなかったです(見えない部分がでかい)

プロすげえ(小学生レベルの感想)

ここ何年かのお約束ではあるんですが。雪は超絶重たかったんですよね。それでもまあ、下屋根だけおろしてもらえたので、作業全体は決してツラくはありませんでした(いやかなりの重労働で翌日は全身贅肉痛)

f:id:slime_yu:20210513113113j:plain

いいお天気なので。雪下ろし休憩中w

参考までにこの日は、近所の観測点でも最高気温12.2℃を観測しました。そこから標高が120mほど低い場所ですので、ざっくりいうと0.7℃ほど気温が高いことになります。じゅ、13℃とかですね。

f:id:slime_yu:20210513113605j:plain

まあ、あたたかいんでござる。

だいたい、屋根雪下ろしやってるときに、スノーダンプについた雪が端から溶けていくというのって、昔はちょっと考えられなかったんですよね。こりゃ、雪も重たくなるわけですよね。

f:id:slime_yu:20210513113840j:plain

おひるは仕出しのおべんとう。おいしかったです。

まあ、お約束で手のひらにはマメが量産されましたけど(苦笑)なんとか、シーズン1回目の雪下ろしは完了し、帰路につくことができたのでした。この時点では「少なくともあと2回ほどは雪下ろしが必要だなぁ」と考えていたんですよね。

f:id:slime_yu:20210513114033j:plain

ラニーニャ現象こわいナスぅ」「ふわふわ~、なんかつらいよね」

いつになく春が待ち遠しい、そんな感じで冬至すぎたばかりの越後国(ナスビ王国)のすみっこでした。先が思いやられましたね、ほんと。

 ナスライムでした。続編があるかも。

パルスオキシメーターのススメ?

今週は真冬並みの冷え込みが来るとか。当地でも2回めの雪を見ました。あ、雪は3回めだったかも知れないナスライム(仮)です。

f:id:slime_yu:20201214180209j:plain

本文に関係ないんですが、このりんごは「ぐんま名月」です。

さて、冬を迎えるにあたり懸念されていた新型コロナウイルス感染症。こんなニュースが飛び込んできまして。ショックを受けました。

www.tokyo-np.co.jp

実は亡くなられた方の血中酸素濃度が86%と、危険な状態であったにもかかわらず、本人に自覚症状がなかったこともあって、処置が遅れたのではないかとも報じられています。

www3.nhk.or.jp

いろいろ悲しいお話でした。

なぜそのようなモノが家にある?

というわけで。血中酸素濃度を測定する器具があります。パルスオキシメーターといいます。病院で検査のときに、指先に挟むアレですねたぶん。これ、基本的には医療機器であって、ナスライムのような素人が使ってなにかできる、というものでもありません。 

f:id:slime_yu:20201214180353j:plain

使ってます使ってます(97-100が正常値らしいです)

とはいえ、なぜかわが家にはパルスオキシメーターがあります。実は今年の4月、用意しておいたほうがいいなと判断しまして。Amazon経由で、お安いのを購入した次第なんですね。送料無料で4000円ちょっとでした。

参考までに、4月下旬にオーダーしたのですが。全然到着せず、6月10日くらいになってポストに投函されていた、それくらいゆっくりでした。あ、この時期は中国からの航空輸送が麻痺していた感じで、郵便局で受け付けられたあと、空港で飛行機に乗るのを延々と待っていたんでしょうね。

f:id:slime_yu:20201214180451j:plain

まあ、日本メーカーのものと違って、つくりにいい加減なところはあります。電池を直列につなぐのに、電池端子のばねが片方プラス極側についてたりとか。そういうのを含めての中国通販ではあります。とはいえCEマークついてますので、EUの安全基準を満たしてはいます。そこは安心材料ですかね。

なお、これ自体は精度的なものが?なので。いえ、仕組み自体は割とシンプルなもののようなのですが。厳密な精度を求めてはいけない気がしておりまして。さりとて、びんぼうなナスライムは、精度の高いものも持ち合わせておりません。

ですので、健康なときに何回か測定しておいて、普段の自分の値を見ておきましょう。これを基準にして、明確に値が下がったと感じた場合は。何か起きている可能性を考慮する感じでしょうか。

Aliexpress見たら…

Aliexpressを覗きましたら。同じような見た目のものが、ずいぶんお安い価格で売られていますAmazonでは以前とそんなに価格、変わっていないんですが。もしかしたら、つくりすぎて在庫がダブついているのでは?なんてことも考えています。

f:id:slime_yu:20201214181126j:plain

ええと、なので格安のパルスオキシメーターをいくつか取り寄せまして。それを使ってみるという「人柱企画」を考えております。前述のとおり、精度の高いものを持っていないので、基準がいい加減なのですが、まあ、どんな感じで記事にしていくかは…

その場で考えるとしましょう。

f:id:slime_yu:20201205124632j:plain

おやくそくですw

なお、納期は2週間~20日くらい。今は物流が滞っている感じではありませんので、それくらいには到着するでしょう、たぶん。

これってもしかして泥縄企画のはじまりかも。ナスライムでした。よい一週間をお過ごしくださいね。

冬につおーい味方、こたつとファンヒーターのあわせ技

来週は真冬並みの冷え込みがあるとか。ナスライム(仮)です。

f:id:slime_yu:20201211105330j:plain

さざんかにほっとしますねー

わが家は温水(というか不凍液)式床暖房のある部屋では、夜間とか厳寒期はそちらを使いますが。そうでない部屋については、石油ファンヒーターとこたつを使ってます。ただし、こたつを電源につなぐことは、まずありません。

といいますのは、こんなものを使ってるからなんですね。じゃん!

f:id:slime_yu:20201211105403j:plain

これぞ雪国の神秘…(いやここ雪国じゃないんですけど)

えーっと、まあこういう丸い筒(省エネダクト)を使って、石油ファンヒーターの温風をこたつ内に入れちゃってるわけです。

f:id:slime_yu:20201211105452j:plain

なんか乱雑な部屋ですこと(恥)

ファンヒーターの暖気って部屋の上方に上がっちゃうものが多いんですよね。ですので、省エネダクトを使うことで、暖房効率が大きく下がるわけでもなかったりします。

なのでお得にぬくぬく、と過ごせるわけですね。こたつの中、温かいを通り越して暑く感じるくらいまでになります。

この品物、ホームセンターとかで入手可能です。これ、出始めた頃(2000年より前)には5000円程度していたんですが、出回るようになってからは2000円もあれば、という感じでお値段かなりこなれてます。もちろんネットでも購入できますので、お好みの通販サイトでお探しくださいませ。

www.bakuma.co.jp

割と知られているのはバクマ工業さん(金物の町、新潟県三条市が本社っぽい)ですね。住宅設備関連機器(配管関係とか電設資材とか)がメインのようで、製品検索(紹介)ページには省エネダクトの記載はありませんが、製造品目には「家庭用日用品」の中には記載されています。

なお、これの応用として、ダイニングキッチンのテーブル下に温風を入れるという方法もあります。足元があたたまるのは大きいんですよね。温風を入れるのに、一斗缶を接続して延長して使っている人がいました。言うまでもないんですが、やけどと火災には十分な注意が必要です。

冒頭にも書きましたが、来週は真冬(1月下旬)並みに冷え込みになる日もあるようです。そう、もう12月も中旬。幸い年末年始は平年並みとの予報が出ていますが、それって十分寒いってことですよね。

f:id:slime_yu:20201127152940j:plain

お約束ですね

マリンスライムくんから冬眠用の貝がらを借りようかとか思ってます(笑)ナスライムでした。

【人柱企画】アリエクで買ったマイクロSDカード検証?その4 Netac編

霜柱はまだ見ておりませんが。人柱企画(第一弾)はとりあえず今回が完結編でしょうか。ナスライム(仮)です。

f:id:slime_yu:20201207143446j:plain

このゆずはすべてマーマレード化しました…

11/11にオーダーしたマイクロSDカード、第4弾となったNetacブランド(64GB/471円送料別)の到着は、実は12/4(金)でした。先週には到着していたことになります。こちら、シンガポールからの到着で、発地は「チャンギエアフリートセンター」となってます。

f:id:slime_yu:20201207141356j:plain

シンガポール、Centerの綴りは英国風のCentreなのですね…!

チャンギシンガポール国際空港の名前ですので、これは「チャンギ航空貨物センター」くらいでしょうか。おそらく業者は中国本土にあるのですが、物流の中心はシンガポールにある、という感じでしょう。

Aliexpressでシンガポール経由だとちょっと遅い、という噂もありますが、これも少し余分に時間がかかりました。あ、まあ、注文から手配までが遅かったんですけどね。

オリジナルパッケージに、ちょいと安心

というわけで開封の儀です。こちら、最初に届いたBekitと同じで、パッケージはオリジナルのようです。ちょっと安心。

f:id:slime_yu:20201207141509j:plain

こんな感じだとほっとします。

お、日本語の説明があります。というか多言語対応ですね。会社の拠点も深センにあるようで、Netacビル16階みたいな感じで書いてあります。16階はある自社ビルを持っているとなると、結構大きな会社かも。

f:id:slime_yu:20201207141621j:plain

嫌いではないです、この感じ。

カードそのもののデザインもまあまあイケてるんじゃないでしょうか。個人的にはBekitのほうが好きですけどね。マイクロSDカード自体が非常に小さいこと、見える状態では使わないことから、そこは気にするポイントでもなかったりします。

ascii.jp

実はこの会社、4年ほど前には格安SSDが日本に入ってきてまして。その際のASCIIさんの評価でも「日常使用なら差し支えないのでは?」という記事があります。なるほど、パッケージに日本語が入っていたのも納得です。

性能はどんな感じ?

早速ですが、CrystalDiskMarkで測定してみました。結果としてはこんな感じです。

f:id:slime_yu:20201207142037j:plain

悪くはないかな、という感じ。下のHidiskはお値段倍です。

Class10の基準はクリアしていそうですね。そしてこれまで測定したBekitやらLemiweiブランドのマイクロSDカードとは、そんなに大きな違いはなさそうです。ブランドによる得手不得手は傾向としては存在しますが、総合すると性能が大きく変わるという雰囲気ではないです。

f:id:slime_yu:20201118101730j:plain

磁気研究所さんのマイクロSD、価格2倍強です。

ただ、磁気研究所さんの同等品に比較した場合は、残念ながら性能は落ちます。これは、価格差を考えれば仕方のないところでしょう。価格と性能の比(コスト・パフォーマンス)は悪くないと感じます。

容量チェックと結論:大丈夫、安心して使えそう

今回購入したのは64GB(SDXC)となっています。正規品であれば大きな問題はないと思われますが、念のため確認しました。お約束でエクスプローラからのプロパティはこんな感じです。まあ、これだけでは容量が正しいかは判別できないんですけどね。

f:id:slime_yu:20201207143048j:plain

とりあえず64GBあるように見えますねー

そしてチェック本番。全エリアのチェックはしていませんが、32GB(SDHCの最大容量)を超えて書き込め、データの照合も可能でした。問題はないでしょう…

f:id:slime_yu:20201207143922j:plain

大丈夫でした!

と書き込んでから。実は、H2Testwのスクショを取っていないことに気づき(だめじゃん)まして。テストファイルは残ってたので、そのまま再照合しました。結果は当然ながら問題なし。

というわけで、NetacブランドのマイクロSDは、普通に使えそうという判断です。今回購入したストア(Netacさんの公式ストアっぽい名前のところ)は出荷までが少しスローでしたが、いつものことなのか、たまたまなのかは1回のオーダーでは判別できないところで。参考までに、ということでよさそうです。

今週もあたたかな日が続きそうです。来週からは平年並みの寒さっぽいですね。ナスライムでした。ステキな一週間を。

 

うっすらと、初雪

想定外だったんですよ。ナスライム(仮)です。

f:id:slime_yu:20201205124632j:plain

こんなには積もってません。2020年1月28日撮影

信濃の国の真ん中あたり(やや北より)では、そんなに雪は降ったり積もったりしないんですよね。年による変動はかなり大きい(最新積雪深20cmの年はそこそこあるけど、30cm以上になる年は少ない)です。昨シーズンは15cmがMaxでしたけど。

今朝。家人の「雪で外が真っ白」という声に驚きました。冷え込みがゆるかったのはそれが原因でしたか。

f:id:slime_yu:20201205124715j:plain

はっぱの上は真っ白です。ほかはそうでもないですね。

まあ、地熱があるので地面には残らず。植物の葉の上に少し残ったというレベルですね。淡雪で、近くの観測所でも、積雪とはなりませんでしたが。

f:id:slime_yu:20201205124752j:plain

この季節、庭の数少ないいろどり。

こんな日は、ナンテンの赤い実が映えるんですよね。バックにあるポリカーボネートの波板が趣を削いでしまってはいますが。

f:id:slime_yu:20201205124841j:plain

8am、2時間後には融けてますw

ナス属ですので寒いのはニガテです。じっくり春を待つとしますね。ナスライムでした。

今シーズンの「初オオイヌノフグリ」

朝晩の冷え込みにも少しだけ身体が慣れてきました。昼間の暖かさにほっとしますね。ナスライム(仮)です。

f:id:slime_yu:20201204102518j:plain

南向きに掃き出し窓がある部屋、日が当たれば快適

今日のゴミ出し。霜がおりていませんでしたので。もしか、と思って探してみましたら。見つかりましたよ、オオイヌノフグリの花!

f:id:slime_yu:20201204102551j:plain

まだ花の数は少なかったです。つぼみがちらほら。

ちょっとまって、それって早春の花では?と思われた方も多いかと思います。実はこの花、条件にもよるのですが、12月から翌年の7月くらいまで、探せば見つけることができるんですよね。春以降は基本、他の背の高い植物がいない場所にひっそりといます。

f:id:slime_yu:20201204102637j:plain

実は写真にするのは意外と難しい。2020年3月11日撮影

でも、早春にこんな青い絨毯みたいな感じの光景を見ると。しあわせな気分になれますよね。だから、春の風物で間違いない!と思います。

f:id:slime_yu:20201204102720j:plain

がんばって咲くんだよぉ。2020年3月11日撮影

冬来たりなば春遠からじ。信州も越後も、これから厳しい季節を迎えますが。もう一度青い絨毯を見ることを楽しみに、過ごしていこうかと思います。ナスライム(仮)でした。